初心者が覚えておくべき映像制作のテクニック

初心者が覚えておくべき映像制作のテクニック

映像制作が初めての方の中には、何から取り掛かってよいか分からないという方もいることでしょう。
初心者の場合はまずは、カットのテクニックから覚えておくとよいでしょう。
カットは、動画の不要な部分を切ることです。
このカットは地味で根気がいる作業ですが、映像制作では非常に重要なものです。
なぜなら、無駄な部分が多いと視聴者は映像に飽きてしまうからです。
完成した映像を最後まで観てもらうためには、カットが欠かせません。
最初は大変かもしれませんが作業数をこなすことで、次第に素早くカットできるようになります。
テロップの挿入も伝わりやすい映像を作るための重要なテクニックの1つです。
映像のイメージにマッチしたフォントやサイズやカラーなどを選び、最適なタイミングでテロップを挿入しなくてはなりません。
テロップの文字数が長くなると、視聴者の負担となる恐れがあります。
テロップを付ける場合は、20字以内に収めるのがポイントです。

質の高い映像制作には画面効果を学ぶことが重要です

撮りっぱなしでほとんど編集をしないスタイルの映像制作では、コンテンツを楽しんでもらうのが難しいです。
テレビや動画配信サイトで、画面効果を利用したコンテンツをよくみている人にとっては、気の利かない動画に見えます。
画面効果にはさまざまな種類があり、それを学ぶことでわかりやすい動画になります。
まずビデオフィルターというものがあります。
これは映像の全体あるいは一部を明るくしたり、輪郭をはっきりさせたりする表現です。
回想シーンをセピア色にするのが典型例です。
次にトランジションは誰もが注目したことがあるものです。
カットとカットの切り替えのことであり、シンプルに繋ぐ表現やフェードアウトで余韻を出す表現などがあります。
コンテンツに応じてさまざまなものが使用できますが、使い方を間違えると編集者がふざけているようにうつります。
最後に画面分割つまり2画面を同時に出したり、ワイプを設けたりするものです。
映像制作においてはこれをうまく使うことで、わかりやすい説明動画が可能になります。

映像制作に関する情報サイト
クオリティの高い動画を制作しよう

クォリティの高い動画を制作するために、映像制作の初心者が知っておいた方が良いことは、カメラの知識がまず居るのです。ホームビデオ風に撮影するのが、プロなので、カメラワークの知識も要りますが、かなり掛かるのでまずは、撮影しているのが上手な人の物からまねして学びましょう。 Webカメラを活用して、身近なものから撮影してみることもお勧めです。難しいことを一気に一人でやろうとすると無理があるので、出来そうなことをやってみると良さそうです.

Search