初心者が映像制作のために揃えておくべき機材

初心者が映像制作のために揃えておくべき機材

映像制作では、様々な機材が必要です。
機材の種類を大まかに分けると、撮影と録音と編集の3種類があります。
撮影用として必要なのは、ビデオカメラや一眼レフカメラなどのカメラです。
近年はコンパクトサイズのミラーレスカメラを使って撮影する人が増えています。
簡単な動画であれば、スマートフォンのカメラ機能を使うという手もあります。
録音用で必要なのはマイクです。
マイクはダイナミックマイクやコンデンサーマイクなどの修理があります。
コンデンサーマイクを使う場合は、ファントム電源も必要です。
電源の確保が難しい場所では、乾電池式や充電式のICレコーダーが重宝します。
編集用として必要なのはパソコンです。
映像制作では大量のデータを取り扱うため、ハイスペックなパソコンが求められます。
そのほかに、解像度の高いモニターも用意しなくてはなりません。
ヘッドフォンやイヤフォンやスピーカーなど、音を確認するための道具も用意しておきましょう。

映像制作に必要とされる知識はどのようなものか

パソコンを使って何かを作りたいと考える人は多いですが、ブログやイラストのさらに後にある、高度なものとして映像制作があります。
ある意味でテレビ番組を作ってしまうものでもある映像制作には、いくつもの複合知識が必要になってくるのです。
文字を入れたい場合にはフォントの知識や枠組みのデザインセンス、BGMを入れるにも著作権が絡んできます。
特に画像加工はほぼセットになっているため、画像は加工出来ないけど映像制作が出来る、という人はまずいないぐらい同じスキルの↑に成り立っているのです。
逆に言えばウェブデザインなどの文字と画像を扱うスキルを持っている人なら、映像制作も比較的簡単に手を付けられます。
また、これまでにたくさんのソフトを習得してきた人ならば、最新のソフトというものは慣れている人に使いやすく作られているため、すぐに慣れる事が出来るでしょう。
とはいえ技術として身に着けても、最後はアップロード環境のクセを掴むという作業が持っています。

映像制作に関する情報サイト
クオリティの高い動画を制作しよう

クォリティの高い動画を制作するために、映像制作の初心者が知っておいた方が良いことは、カメラの知識がまず居るのです。ホームビデオ風に撮影するのが、プロなので、カメラワークの知識も要りますが、かなり掛かるのでまずは、撮影しているのが上手な人の物からまねして学びましょう。 Webカメラを活用して、身近なものから撮影してみることもお勧めです。難しいことを一気に一人でやろうとすると無理があるので、出来そうなことをやってみると良さそうです.

Search